素材工房
HOME > 素材工房をつくったわけ

素材工房をつくったわけ

1990年、(株)アンビエックス1級建築士事務所を設立し、地域資源循環型建築と持続可能な暮らしの実現をめざし活動をしてきました。
しかし、自然建材、健康建材と言われるものも、本当に安全と呼べるものはほとんど存在せず、お客様の健康や地球環境に配慮した材料で家を建てるには、自ら建材を開発する必要がありました。

シックハウスや化学物質過敏症という言葉が今ほど一般的ではなかった時代から、トレーサビリティーの確保された材料を使って、工場で作ったものを現場で試行し、何度も何度もつくり直しをしてきました。
その結果、『貝てき漆くい』『快適クロス』のような自信を持っておすすめできる商品や、『くんえん乾燥木材』等の健康面だけでなく耐久性にも優れた商品ができました。

素材工房 ロゴ
そして、私達の作った建材を(株)アンビエックスのお客様だけでなく、少しでも多くの人が健康に暮らせるように、自然環境にも配慮しながら暮らせるようにという願いを込めて、2000年に(株)素材工房を設立しました。

現在も、お客様の声を活かした商品開発や、本物を伝える努力を日々行っております。
お問い合わせ