素材工房
HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

羊毛断熱材「ウールブレス」について@品川区

ウールブレス施工例
いつもお世話になっております。株式会社素材工房でございます。

先日、品川区の現場に行った時、内壁のプラスターボードを張っているところで断熱材が見えていたので、ご紹介させていただきます。完成してしまえは、見えることが無い部分ですので、ちょうど良いタイミングでした。
普段目にすることの無い住宅の壁の内側をご覧ください!


弊社では断熱材に『ウールブレス』を使用しております。
これは、“羊毛”を使用した断熱材で、特徴と致しましては…


①優れた断熱性能

 長期優良住宅 次世代省エネ基準 等級4適合。

②内部結露を防ぐ吸放出性
 壁内の湿気を吸ってくれるので壁内結露を防止できます。

③成型時に接着剤を使用しないのでホルムアルデヒドなどを一切含まない
 VOCを放出することが無いので、シックハウスの心配がありません。

④濡れても乾きが早い
湿気を吸っても表面は乾いており、乾きも早く、一度濡れても乾けば断熱性能が戻ります。

⑤耐久性が高い
ペルシャ絨毯にも使われていることからわかるように耐久性にも優れています。

⑥防音性に優れている
羊毛は防音室の吸音材としても利用されています。

⑦難燃材で燃えにくい
 炭になるだけで炎があがりにくく、たとえ燃えてしまって有害なガスが発生しません。

⑧防虫剤に安全性の高い天然岩塩から抽出した非塩素系ホウ酸を使用
 ホウ酸の経口摂取による人体への有害性は“食塩”と同程度です。

⑨ホウ酸は無機物なので防虫成分が揮発しない
 防虫成分が揮発して無くなることがないので半永久的に防虫性能があります。




施工方法も簡単で、適当な大きさに切って詰めてタッカーなどで固定するだけで、グラスウールと違いフィルムなどは必要なく、セルロースファイバーや発砲ウレタンのように専用の機械も必要ありませんので、DIYでも手軽に使用できます!



今、住宅の建築を検討されているかたは、羊毛断熱材をぜひご検討ください!
完成したら見えない部分だからと妥協するのではなく、完成したら容易には改修や補修ができない部分だからこそ今一度、検討しなおしてみてはいかがでしょうか?


また、こちらの防虫剤として使われているホウ酸を使用した防蟻処理剤『エコボロンPRO』エコボロンDIY』『エコボロン スプレー』も取り扱っておりますので、興味がありましたらお問合せください。

ウールブレス施工例
ウールブレス施工例
ウールブレス施工例
ウールブレス施工例
ウールブレス施工例
ウールブレス施工例

上棟式@世田谷


いつもお世話になっております。㈱素材工房でございます!

先日、世田谷の物件にて上棟式を行いました。今回は神式での上棟式になります。

当日は、天気も良く最近の冷え込みから比べて暖かくて上棟式日和でした。

私が地鎮祭や上棟式の応援に伺う際は、天気が良い日がほとんどのような気がします…日頃の行いが良いからなのでしょうか(笑)


上棟式@世田谷

祭壇置くお供えものは、式が終われば施主様へお渡しするものなので、私がセンター北のノースポートモール内にあるナチュラル&ハーモニックプランツにて買い出しをして行きます。

ナチュラル&ハーモニックプランツの出店時、“貝てき漆くい”“スーパーガニックS”などの弊社取扱の建材を使用して内装工事をしていただいております。弊社代表の相根とナチュラル・ハーモニー代表の河名さんとの関係性から弊社の材料を使用していただく運びとなりました。
ナチュラル・ハーモニーには下馬と銀座にも店舗がございますが、センター北のノースポートモール内にあるナチュラル&ハーモニックプランツ
は売り場面積も広く、レストランも併設しているのでぜひ一度足を運んでみて下さい。


上棟式@世田谷
上棟式が滞りなく終わり、その後は、«直会(なおらい)»を行います。本来は神事として行う行事ですが、上棟式では施主様と職人さん、工事関係者との顔合わせの場といった意味合いが強いです。


直会の際に、施主様からいただいたお弁当を食べながら小一時間ほどお話をします。
直会があることによって施主様は職人さんの顔がみれて安心、職人さんは施主様の顔がみれてやる気が出るといった良い状態で工事が進められるので、大切なことだなと思っております。


上棟式後の直会@世田谷
直会の際にいただいたお弁当は弊社事務所の最寄駅の隣駅である東急東横線:学芸大学駅の“Midrie”で手配していただいたものだそうです!鳥のそぼろがとても美味しかったです!

こちらの“Midrie”も、お弁当の他にもオーガニックな食材を使用したカフェもやっておりますので、一度立ち寄ってみて下さい。



※上棟式とは
 建築工事の途中で行う儀式で、木造軸組では棟木を棟に上げる時に、鉄骨造では鉄骨工事が完了したとき、鉄筋コンクリート造では躯体コンクリートの打ち込みが終了したころに行います。

 祭壇に捧げ物(海の物、根の物、葉の物、果物、水、御神酒、米、塩)をあげ、四隅の柱に酒や塩、米などをまき、天地四方の神を拝みます。

 祝詞をあげて神様をおろし、玉串奉奠を行い、無事に棟が上がったことへのお祝いや感謝、工事の安全を祈願します。


木材搬入@東京都品川区

いつもお世話になっております。
㈱素材工房でございますm( _ _ )m

先日、品川区の現場でウッドデッキ材の搬入+立会をしてきました。

写真を撮り忘れたので画像はありませんが…天気も良く、木材をトラックから搬入している時は木の良い香りがして気分よく搬入できました(^o^)


現場近くまで通じる道が大きなトラックが入れないので、木材を仕入れている宮城の栗駒山から現地のスタッフさんが2tトラックで直接運んできてくれました。
朝9時からの搬入に合わせて出発したので、朝2時くらいに出発したそうです…現地に朝9時頃到着して、少し休憩して搬入だったのでとても疲れたと思います。本当にお疲れ様でした。


トラックから現場までの道も狭いので、2tトラックにたくさん積んで来た木材を搬入し終えるのにどのくらいかかるのかと思いましたが、私・大工さん・トラックで運んできていただいた方の三人と現場に来ていた別の職人さんに少し手伝っていただいたおかげで、無事午前中に完了しました(^o^)


現場への道が狭かったり特殊な条件の土地が多いのは、都会ではある程度しかたがないことではございますが、現場への道が広いところと比べると、特殊な条件の土地であるほど工事の際に人手や様々な手間が発生し、工事費が高くなる傾向にあります。
ただ、特殊な条件の土地であるほど土地代は安いので、どちらが得かと言われると難しいところではあります。
ちなみに、工事する側といたしましては広い方が圧倒的にやりやすいです(^_^;)


特殊な立地条件の土地は安くてお得!という話は、よく耳にしますが、マイナス面である工事費が余計にかかることまで言及していることは少ないと思いますので、これから土地の購入+新築を検討される方は、土地代の安さだけにとらわれず特殊な土地であることによって発生する工事費も頭に入れて購入されることをお勧めします。

エコヴィレッジ横浜港南 訪問@洋光台

エコヴィレッジ横浜港南 入口
いつもお世話になっております。
株式会社素材工房の相根冴人でございます。

先日、弊社で施工させていただいた【エコヴィレッジ横浜港南】へ立ち寄りました。
竹田双雲さんに書いていただいた看板と弊社の木材を使用した板塀が経年変化で良い感じにマッチしていたので思わず写真を撮ってしまいました。
オーナー様がたまたま有名になる前の竹田双雲さんと知り合っており、そのご縁で書いていただいたそうです。各住所の表札の部屋番号も竹田双雲さんによるものになっております。

こちらの物件は、天然住宅仕様の賃貸住宅となります。
詳しくは“ミドリムシ不動産”(健康的で快適な不動産を専門に紹介するサイト)にて紹介されております。
また、こちらの物件に入居希望のかたは、賃貸管理を担当していただいている㈱パワーコンサルティングネットワークスにお問合せいただいてもかまいません。
㈱パワーコンサルティングネットワークスでは、youtubeでの紹介もしておりました。
 →動画:https://www.youtube.com/watch?v=T-ITzWwWUNQ

とても人気のある賃貸で、おかげさまで完成から常に入居待ちがある状態です。

埼玉県志木市に建てた賃貸物件【モーラの家】と基本的には同じ作りをしておりますが、【エコヴィレッジ横浜港南】には屋上菜園が可能なスペースがあり、【モーラの家】にはロフトとペレットストーブがあるなど、少し違いがございます。

天然住宅仕様の家に賃貸で住める数少ない物件です。
天然住宅で家を建てる検討をされているお客様は、まずは賃貸に入り、住み心地を体験されてはいかがでしょうか?

㈱アンビエックスまたは(一社)天然住宅仕様にて建てた賃貸物件を記載します。
神奈川県横浜市港南区:『エコヴィレッジ横浜港南』
埼玉県志木市:『モーラの家』
東京都杉並区:『久我山エコマンション』
東京都豊島区:『グリーンゲーブルズ』
神奈川県川崎市麻生区:『エコテラス片平』




事務所 玄関靴棚 プチ改装@目黒区 

いつもお世話になっております。
株式会社素材工房でございます。

今回は、事務所の玄関にある靴入れの棚を少しだけ改装いたしましたので、ご紹介いたします。


下記写真の中の靴棚の天板を改装しました。

事務所靴棚①




別アングルから…

事務所靴棚②

改装と言いましても、事前に測った玄関靴棚天板の大きさから木材の寸法を指定して栗駒で加工してもらい、上から天板を被せて、幕板で目隠ししただけなので改装というほどのものではないですが…自分でしたのは天板と幕板を釘でつなげただけ(^_^;)
かなり簡単な作業です。

弊社では、木材の指定寸法での販売も承っております。
カタログや取扱商品欄にき記載がありませんが、ご相談いただければできる限り対応させていただきます!!

【ご注意】
木材の指定寸法での販売は、基本的には“くんえん乾燥木材”でのご用意となり、その他の樹種では承っておりません。ご了承ください。