素材工房
HOME > 取扱い商品を決める際のこだわり

取扱い商品を決める際のこだわり

私たちは『土に還る家』の素材を販売しております。

☆水・空気・土を汚さない材料を使用し、住む人の健康はもちろん地球環境を守ります。
☆国産材を使用することで山や森に人の手が入り、産地の環境を守ります。
☆自然素材の特性を生かし、風土に合った工法で建物と室内環境を守ります。

環境
廃棄物をリサイクル利用
廃棄処分しても安心


土中で分解、償却時の有害ガス減少
健康
シックハウス症候群の
原因となる有害化学物質を
ほとんど含まず安全。

快適
やわらかで美しい質感
温かみのある空間
呼吸する建材


吸放湿性のある素材で、室内の
温度・湿度環境を緩やかに調整

素材工房の建材選び

エコ
素材工房は、「身体と心を癒せる住宅」・「国産材を使用することで山を守る」ことなどをテーマに、安全・エコな建材の提供と選定をしています。

安全な素材にこだわり、独自に研究・開発を行い、化学物質を極限まで使わない健康住宅を提供。

良い物だけの足し算型設計

栗駒山
私たちは、有害な化学物質を使わない建材の開発に始まり、それら自然素材を生かした”地球と循環する”建築工法の確立に、長年にわたって取り組んできました。

自然からいただく「良いものだけ」を利用すれば、自ずと地球環境に負荷をかけないばかりでなく、住む人がより幸せになれる住宅となる―この理念をもとに技術的にも高い地点にまで到達できたと自負しております。

化学物質汚染や地球環境問題など、今、人々は自然との関係のひずみから生じるさまざまな問題に直面しています。

近年話題のシックハウス症候群もその一つです。

住宅を原因とする健康被害(シックハウス)が大きな問題となると同時に、ホルムアルデヒドを始めとする有害な住宅建材への関心も高まり、いわゆる「健康住宅」をキャッチフレーズにした住宅も増えております。 しかし、本来住む人の健康は、住宅が抱える大きな環境問題の中で考えなければいけません。
住宅に使われる素材や、さまざまな化学物質、エネルギー、廃棄物、排水など、住宅自体が環境への悪影響をもたらしていることを抜きに、健康住宅はありえないといえます。

いわば住まいを取り巻く環境が健康になって初めて、健康住宅も可能になるのです。
私たちの創る「自然住宅」では、自然素材を吟味して使用する事により、エコロジカルな住環境づくりを追求しています。

安全な住まいと環境を手に入れたい、出来るところから環境に配慮した生活をしたい・・・
という方々に向けて提供する、生命環境を育む家づくりです。

自然素材の注意点

カラマツ
高い湿度が続く時期には、換気を怠ると室内の空気が淀んだ場所にカビが発生する場合があります。
家具を壁から離して設置したり、空気を動かすために扇風機をかけたりして、室内の空気を滞らせない工夫をすることで防止することができます。

また、経年変化で次のような現象が考えられます。
<木材>
 建材のそりや割れ、接合部のスキ、節の抜け、色の違い・変化、など
<左官仕上>
 木部との取付部のスキ、下地接合部・入隅部の割れ、色のムラ・変化、など
お問い合わせ