素材工房
HOME取扱い商品使用例 > AKコボット施工例②@世田谷区

AKコボット施工例②@世田谷区



 株式会社素材工房が取扱っている様々な商品の施行例をご紹介するページです。


 このページでは建築用金物『AKコボット』をご紹介します。
 木造住宅の筋交部分に使用する金物で、固定方法がコーチスクリューのみ、ボルトのみ、コーチスクリューとボルトの両方を使用、以上の3パターンがございますが、今回はボルト固定の施工例を記載します。

 コーチスクリューで固定すると9本コーチスクリューが必要になりますが、ボルトは3本で固定でき。コーチスクリューに比べて木を傷めないで済みますので、弊社ではボルト固定をオススメしております。


土台と筋交の結合部分

AKコボット施行例(ボルト固定)
全体
AKコボット施行例(ボルト固定)
上から見た場合
AKコボット施行例(ボルト固定)
固定部分のアップ
AKコボット施工例(ボルト固定)
固定部分のアップ②
AKコボット施工例(ボルト固定)
筋交との結合部
AKコボット(ボルト固定)
柱のボルト締め受け部分

筋交と梁の結合部分

AKコボット施工例(ボルト固定)
全体
AKコボット施工例(ボルト固定)
正面から見た場合
AKコボット施工例(ボルト固定)
横から見た場合
AKコボット施工例(ボルト固定)
梁上部①
AKコボット施工例(ボルト固定)
梁上部②
お問い合わせ
関連の取扱い商品使用例を見る