素材工房
HOME取扱い商品塗り壁 > 貝てき漆くい ~有害化学物質ゼロの無機健康漆喰壁材~

貝てき漆くい ~有害化学物質ゼロの無機健康漆喰壁材~

貝てき漆くい 施工例
貝てき漆くい ~有害化学物質ゼロの健康漆喰壁材~

ホタテの貝殻をリサイクル利用した吸湿性の高い内装材です。
貝灰ほか、全て自然素材の原料を用いておりますので、安全快適にご使用いただけます。

【特徴
リサイクル
本来なら産業廃棄物となってしまう貝殻を原料として使用しております。

吸湿、脱臭
焼成した貝灰が吸湿、脱臭します。さらに、空気中の有害化学物質もある程度分解してくれます。

安全性
自然素材から作られており合成樹脂や有害化学物質を使用しておりません。
アトピー、ぜんそく、アレルギーの方にも安心してご利用いただけます。
廃棄時に環境を汚しません。

貝てき漆くいは、通常の取扱に於いてシックハウス対策規制建材の告示対象外製品です。
有害化学物質などの添加物は極力入れないようにお願い致します。
また、接着剤、シーラー処理、プライマー処理などは可能な限りご使用を控えていただけますようお願い申し上げます。

【注意点】
●アルカリ性の材料ですので、水分を含んだ状態で木材などに付着すると反応して変色させます。変色してしまった場合は、クエン酸を水に溶かしたものやお酢など酸性のもので拭いて下さい。完全には消えませんが、かなり目立たなくなります。乾いた状態で木材などに付着した場合は、ホウキや掃除機などで除去して下さい。

商品名
貝てき漆くい
価格
13,500円(税別) ※別途送料  販売単位1袋~ 
内容量
15㎏/袋(漆くい粉体+麻スサ)
施工面積(㎡/袋)
塗厚1.5~3㎜で5~8㎡
成分
焼成貝(ホタテ)、FC剤、麻スサ
商品発送日
12時以前当日発送/12時以降翌日発送 (土・日・祝日除く)
保管方法
湿気のない場所でパレット積みにて保管 (袋の中身が湿気を吸って固まってしまった物は使用できません。)

施工例 

貝てき漆くい パターン例
●コテのパターン付けで様々な表情が可能な左官塗り壁材です。

※写真の色やパターンは実物とは異なることがございます。ご了承下さい。
貝てき-コテ波
コテ波仕上げ
貝てき-コテ押さえ
コテ押さえ仕上げ
貝てき-うず潮
うず潮仕上げ

施工方法


◇練り方

① 少量の水を容器に入れます。


②添付の麻すさを少しずつ入れてかき混ぜ、すさをバラバラにします。

③ 水を容器に加え、基準水量の約80%とします。

④ 製品をほぼ同じ重量で混ぜ、ママコ(小さなかたまり)ができないように、ミキサーで充分に練ってください。

⑤ 残りの水を徐々に加えて攪拌しながら、塗り付けやすい硬さに調整してください。水を入れすぎるとタレて施工しづらくなります。

⑥ 練って一日寝かすと、作業性が向上します。

※袋には各材料をミキシングして詰めてあります。保管中や配送中に偏りがでる事が考えられますので
 必ず1袋の中身は一度に全部混ぜ合わせて下さい。(何回かに小分けして錬らないで下さい。)
※錬った材料は、空気に触れないよう密閉して保管してください。 1週間程度保管できます。
※寝かした材料は、必ず一度攪拌してから使用して下さい。
※錬った材料を保管する場合は空気に触れないよう密閉してください。
※ 基準水量はあくまでも目安ですので、徐々に水を混ぜてご自身の塗りやすい硬さに調節して下さい
※ 貝てき漆くいは強アルカリです。撹拌の際には必ずゴム手袋、マスク、メガネを着用して下さい。

◇施工方法

①養生
●貝てき漆くいは強アルカリ性のため、木部に付着すると変色の恐れがあります。チリ廻り、木部は養生を行って下さい。



②下地処理
●プラスターボードに施工する場合の目地・下地処理の際にはスーパーガニックS目地用・下地用を使用すること。

●ボードの継ぎ目には割れを防ぐためジョイントテープを張り、スーパーガニック S目地用で処理して下さい。
●下地の凹凸が大きいと仕上の表面に現れますので、ボードの継ぎ目は丁寧に目地処理を施してください。
●目地処理が完了しましたら、プラスターボードにスーパーガニックS下地用 (骨材入り )を全面に施工して下さい。
●詳しくは、スーパーガニックS (下地処理材 )の施工要領を参照下さい。

目地処理

③コテ塗りの施工要領
● 練った材料をコテで円を描くように塗り付けてください。

●固化が始まるまでの間、下地にくいついているようにコテできちんと押さえて下さい。ふわっと乗せただけでは、下地と材料の間に空間ができてしまい剥がれのもとになります。
● 一度に3ミリ以上厚く塗ると、ムラや割れの原因になります。
● 同一面を2日間で分けて施工する等、面の中に塗り継ぎをつくらないで下さい。色違いの原因になります。
● 施工面は濡れた状態ですとグレー色に近く、乾燥すると白くなります。
●貝てき漆くいは調湿機能の高い材料ですが、乾燥しにくい場所へ施工した場合は湿気を含んだままになり、
 かびやこけが発生しやすくなります。浴室や外装への施工は避けて下さい。
 

④コテパターンの施工要領
貝てき漆くいの塗り表面に表情をつけたい場合、仕上のタイミングは冬の時期は2時間、夏の時期は30分
くらいで材料の締り具合を見ながら仕上に取り掛かって下さい。
 左官の施工後は、室内にかなりの湿気が放出されます。壁が乾燥するまで換気を十分行って下さい。
 気温が5℃以下で凍害の恐れがある場合は、施工を避けて下さい。
 貝てき漆くいは、通常の取扱いに於いてシックハウス対策規制建材の告示対象外製品です。有害化学物質などの添加物は入れないようお願いします。
 下地処理をせず、プラスターボードにそのまま施工を行なってしまった場合やスーパーガニックS以外での下処理をした場合、剥離の恐れがあります。プラスターボードに施工する場合は、必ずスーパーガニックSでの目地・下地処理を行って下さい。

◇その他注意点
●下地の割れは仕上げのクラックの元となりますので下地施工の際には十分にご注意お願い致します。
●下地に状態が悪いと施工できない場合がございます。
●着色をご希望の場合は、現場で色粉をご用意下さい。色粉は無機系の染料の使用をおすすめ致します。
●目地処理にはスーパーガニックS目地用をご使用下さい。
●接着剤、シーラー処理、プライマー処理はくれぐれも使用しないで下さい。
製造には細心の注意をはらっておりますが、自然素材を主成分に使用している関係上、色むら、黒点、クラック、ロットによる色の違いなどが出てくる場合がございますが製品の性能や健康に悪影響があるものではございません。
●調合したてを出荷しております。品質確保のため基本的には返品を受け付けておりません。

貝てき漆くい 適応下地表
お問い合わせ
関連の取扱い商品を見る