素材工房
HOMEスタッフブログ相根冴人ブログ > 貝てき漆くい原料製造工場訪問 @北海道豊浦町

貝てき漆くい原料製造工場訪問 @北海道豊浦町

北海道裕雅
先日、『貝てき漆くい』の原料であるホタテの貝殻の粉体を製造していただいている株式会社北海道裕雅さんの工場へ行ってまいりました!


場所は、北海道の豊浦町というところで、サミットの行われた洞爺湖から車で30分程のところにあります。


幹線道路から少し中に入った場所に工場と事務所があり、ホタテの貝殻を粉砕する際に起きる大きな音がでても大丈夫な場所にありました。

工場の敷地内に入って驚いたのが臭いがほとんどしないことでした!
ホタテの貝殻を加工している場所なので、海の臭いが充満していると思っていたのですが、ほとんど臭いを感じませんでした。

といいますのも、ここに集められてくるホタテは殻ごとボイルして身と貝柱をきれいに取り除かれてきたものなので、他のものと比べ臭いが少ないのだそうです。



ホタテ
ホタテ
このホタテを粉末にし、壁材に調合すると㈱素材工房の『貝てき漆くい』となります。

このホタテ貝殻の粉末をつかうことにより㈱素材工房の壁材は他のホタテの貝殻を使う壁材よりも臭いが少なくすることができたのです!

また、通常は捨てられてしまうホタテの貝殻を壁材として再利用することにより、環境への不可が少なく、
ホタテの養殖が続くかぎり原料が無くなる心配がなく、土を掘り返して原料を調達するのではないので地磁場をむやみに乱すこともありません。



このように㈱素材工房の『貝てき漆くい』は、臭わず、原料調達時の環境への影響も配慮し、ホタテの貝殻の多孔質によりVOC吸着や消臭効果もあり、静電気がおきないのでホコリが着きにくくお手入れも簡単な大変お勧めの壁材となっております!


手前味噌な商品説明のブログになってしまっておりますが、一部屋だけでもこの『貝てき漆くい』をご使用になっていただければ、良さを実感していただけると思っております。
新築やリフォームの際には、少しだけでもご使用いただけましたら幸いです。

よろしくお願い致します。
貝てき漆くい



また、こちらのホタテの貝殻を原料とした、ローラーや刷毛で塗れる漆くいの壁材現在開発中ですので、ご期待下さい!!

お問い合わせ
関連のスタッフブログを見る