素材工房
HOMEスタッフブログ相根冴人ブログ > 現場レポート ~目地処理~

現場レポート ~目地処理~

DSC_0215
 いつもお世話になっております。株式会社素材工房でございます。



 今回の現場レポートは、目地処理についてご紹介させていただきます。



 弊社で取り扱っている下地処理材は“スーパーガニックS(目地処理用)”“スーパーガニックS(下地用)”がございますが、今回使用しているのは、プラスターボードなどのジョイント部分やビスの穴埋めに使用する“スーパーガニックS(目地用)”でございます。

 漆喰は塗る場合は、目地処理済み下地にスーパーガニックS(下地用)を全体に薄く塗りのばした後、走行します



 白セメントを主成分とした無機系のパテ処理材になります。
 無機物が主成分なので劣化が少なく長持ちする上、VOCの揮発もほとんどございません。



 元々、弊社取扱製品の貝てき漆くいドロプラクリームなどの塗り壁材用に開発した製品で、無機系の塗り壁(漆喰など)とは相性が良いですが、壁紙を貼る際の接着剤とは、相性があまり良くありません。壁紙を施工する時は、可能な限りスーパーガニックS(目地用)の施工面積を少なくし、クロスの継ぎ目とスーパーガニックS(目地用)の施工部分が重ならないようにずらして貼って下さい。


お問い合わせ