素材工房
HOMEスタッフブログ濱中ブログ > エネルギー自給の自然住宅を目指して!@横浜市戸塚区

エネルギー自給の自然住宅を目指して!@横浜市戸塚区

フォークリフトのバッテリー
今回はソーラーパネルと蓄電池を連携させて電気を自給してしまおう!という工事をしました。
蓄電池というと大手メーカーがリチウムイオン電池等各種取り扱いが増えてきていますが、、とにかく高価でかなりお金に余裕が無いと設置する事は出来ません。いくら電気代がタダに!と言っても初期投資が〇〇〇百万円もしては手が出ません。それにソーラーパネルだけでもそこそこするのに。。
今回設置する蓄電池は鉛電池です。蓄電池としては非常にシンプルなタイプですが、その分故障しづらく長寿命です。

蓄電池を設置!
バッテリーを設置したところです。お住まいの大きさやソーラーパネルの発電量によって設置するバッテリーの量は変わります。今回は約27kw程度の容量があります。季節や使い方にもよりますが一週間近く生活できるほどの要領です!
雨が続くこともあるかもしれませんが充分な要領かと思います。それ以上天気が悪かったら夜はすぐ寝ましょう(笑)
専用ブレーカー
専用のブレーカーやコンバーター等を配線しています。ソーラーパネルから蓄電池へ、蓄電池から住宅内へと非常にシンプルな仕組みになっています。
設置完了!
蓄電池の設置が完了しました!ソーラーパネル1日、蓄電池の設置1日の2日間であっという間に設置出来てしまいます。

現在建て主様は引っ越されてますが、とても快適に生活を送られているとの事です。クリーンなエネルギーだけで電気の自給ができる日がこんなに早く来るとは思っていませんでしたが意外と簡単に来てしまいましたね!私も欲しくなってしまいました(笑)
お問い合わせ
関連のスタッフブログを見る